一日一鳥

多分私のwishlist。

最もつまらないと思うのは 人との約束を破る人ではなく、 自分との約束を破る人です。
「私の都合のいい結論を出してくれるはず」がないと「私を認めてくれないのは敵だ」となる。このケースはわかりやすいほど特異なものだけど、たぶんこれを薄めた病理はそこかしこに溢れている。
新宿でオサレにランチ食べてたら、上品そうな奥様方が
「やっぱりAndroidよりもiPhoneよぉ。簡単だし」
と言ってて、まあ奥様方にはiPhoneなのかぐらいに思ってたら
「新しいiOSの言語Swiftって分かりやすいわよ。わたしJAVAって苦手で」言い出して震えが止まらない

(出典: xekx)

valscrapbook:

untitled by n_such on Flickr.

コーヒーひとつをとっても、もっとたくさんの選択肢があっていいと思うんです。日本人が『選ぶ力を失っている』ことに、私は危機感を持っています。『誰もがどこでも同じものが買える』というのは、それはそれでいいことですが、それが進みすぎて『誰もがどこでも同じものしか買えない』という現状になっている気がしています。

(出典: nuclearharvest)

(出典: h-entaii)

わいせつ表現を独占したいハイカルチャー階級と「芸術」でないわいせつ表現をしているポルノ産業という構図を考えると、ろくでなし子は支持するがエロ漫画には否定的な層のロジックが見えてくる

http://jinon.tumblr.com/post/94858657917 

jinon:

ひさしぶりに、あーこうやって商売やり続けるのもだるいなぁ、という気持ちが沸いた。この半年は商売のことばかり考えて過ごしてきたんだが。

金持ちに生まれる以外、人はなにがしかの商売(労働力を売るか商品を売るか)をしなきゃいけないけど、売るってのはどうしてもだるいところがある。売るってのはとても現実的で、現世というのは憂き世ってことだ。

のでボリビアのポトシあたりに旅に出てみたい。そうして具合悪いとつぶやいてみたい。
ウユニは最近有名すぎ。

二年か三年か五年がんばって金に困らないくらいにして、残りの人生を旅に費やしたい。

という妄想をしている。

More Information