一日一鳥

多分私のwishlist。

japaneseaesthetics:

Japanese kabuto (samurai war helmet), 17th c, in the shape of a giant dragonfly. Craftsmen covered the underlying iron bowl with papier-mâché over a wooden framework to form the body of the insect, and covered it with lacquer. Wooden wings flare to the sides, while the insect’s eyes are rendered as large golden orbs. In Japan, the dragonfly symbolizes focused endeavor and vigilance because of its manner of moving up, down, and sideways while continuing to face forward. Minneapolis Institute of Arts.

japaneseaesthetics:

Japanese kabuto (samurai war helmet), 17th c, in the shape of a giant dragonfly. Craftsmen covered the underlying iron bowl with papier-mâché over a wooden framework to form the body of the insect, and covered it with lacquer. Wooden wings flare to the sides, while the insect’s eyes are rendered as large golden orbs. In Japan, the dragonfly symbolizes focused endeavor and vigilance because of its manner of moving up, down, and sideways while continuing to face forward. Minneapolis Institute of Arts.

(出典: nobodyplace)

朝日新聞の天声人語に「B29を、昨今の若者は濃い鉛筆のことか?と問うそうだ」と書いてある事が話題になっているが、濃さを表す数字が一番大きいのは10だし、Bの後に数字はこないので、その若者はヤバイ。それと今時の若者で鉛筆使ってる人は少ないのにネタにしようと思った発想がかなりヤバイ。
部下を育てるために、本当にしなければいけないのは「やり方」レベルではなく、そのやり方をなぜするのか、という「考え方」レベルで情報交換をしなければいけないのです。

fer1972:

Today’s Classic: Three Versions of Perseus with the head of Medusa

1-2: By Benvenuto Cellini (1545)

3-4. By Frederick William Pomeroy (1898)

5-6- By Antonio Canova (1806)

芸術は町の中にあり、笑いの種は暮らしの中にある。創造の泉は尽きない。
アメリカでは新しい彼氏とのキスは全て「First Kiss」と言う文化らしい。うちのプログラマー女子いわく、「新しいテーブルが生成される」とのこと。

プログラマー達の理解できないけど笑える会話 - NAVER まとめ (via mcsgsym)

新しいソケットを開く、とか? 見よう見まねで書いてみるw

(via scsa)

(出典: gkojax)

(出典: tripsaroundthemoon)

どうやら日本人は匂いに対して関心の低い民族であるようだ。日本語には「におい」「かおり」程度の語彙しかないのに対し、英語は smell(臭気全般)、perfume(香料などの芳香)、odor(匂い)、stench(悪臭)、stink(悪臭)、scent(香気)、fragrance(化粧品などの芳香)、bouquet(酒の香り)、aroma(コーヒーやカレーなどの香り)、flavor(味と香りを合わせた語)などなど、日本語とは比較にならないほどの豊かな表現を持つ。また漢字にも、「匂」「臭」「香」「芳」「馥」「郁」「薫」「馨」「腥」など、様々なニュアンスを表す文字が存在している。匂いの文化に関し、諸外国に比べて日本はやや遅れをとることは否めないようだ。
More Information